CÉLINE

ハンドバックをはじめた60年代後半に馬車の柄とバックルのバック「サルキー」や馬具金具をモチーフにしたモカシンが大ヒット。人気ブランドにまで上り詰めた。1998-1999 A/Wより、当時ニューヨークで活躍していたマイケル・コースをチーフデザイナーに招き、新たな展開を向える。機能性と実用主義のスポーティーなスタイルを持ち込み、シティ派キャリアウーマンに人気を博す。ブランドの再生に繋がった。 2005S/Sからバーバリーの「プローサム」ラインのデザイナーを務めた経験のあるロベルト・メニケッティがアーティスティック・ディレクターを務める。 2006S/Sからは、クロアチア出身のイヴァナ・オマジックがアートディレクターを務めている。2008年、クロエで活躍したフィビー フィロがクリエイティブディレクターに就任。

このページの先頭へ

  • プロに預けて待つだけで現金化!
  • 日本初!!パーソナルバイヤーとは!?
  • シークレットポイントのこだわり!